スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<強盗強姦>裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁(毎日新聞)

 強盗強姦(ごうかん)罪など四つの罪に問われ、静岡地裁沼津支部の裁判員裁判で懲役13年の実刑判決を受けた山梨県富士吉田市、無職、大谷祐介被告(24)に対する控訴審判決で、東京高裁は26日、1審判決を破棄し、懲役12年を言い渡した。中山隆夫裁判長は「1審判決の直後に被害女性の1人との間で示談が成立している」と減刑理由を述べた。裁判員裁判の判決が2審で破棄されるのは初めて。

 控訴審で弁護側は「1審の量刑が重過ぎる」と主張した。これに対し、中山裁判長は「言い渡し時点では相当で、重すぎて不当であるとは言えない」と指摘。さらに「1審判決後の示談成立を被告の有利な事情と取り扱うのは裁判員制度の趣旨にもとる」と述べた。その一方で、被告側と被害女性の交渉経過を踏まえ、「示談成立が原判決後になったことはやむを得ない」と判断した。

 1審判決によると、大谷被告は09年5月26日午後7時半ごろ、静岡県三島市内の女性宅に侵入。「騒いだら殺すぞ」などと脅して殴るなどし現金7000円を奪い、性的暴行を加えてけがをさせた。このほか強姦1件、強姦未遂2件を起こした。【和田武士】

【関連ニュース】
裁判員裁判:強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避
裁判員裁判:強盗米兵「行動力アピール」が動機 那覇地裁
性犯罪:市民団体が裁判員制度評価「プライバシー配慮を」
裁判員制度:「名付け親」松尾氏が講演
裁判員制度:裁判官も「良い経験」…東京高裁で意見交換会

蓮舫氏“必殺仕分け人”が復活!…第2弾再開でキツイ口調に(スポーツ報知)
辺野古移設を陳謝=菅副総理(時事通信)
雑記帳 伊達政宗から18代目の当主 新茶初摘みに挑戦(毎日新聞)
<口蹄疫>ワクチン接種99.5%終了(毎日新聞)
地域ケア研究会報告、「施設解体」と懸念―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)

表情変えずホテル出る=予定時間大幅オーバー―小沢氏聴取(時事通信)

 東京都千代田区のホテルで行われた事情聴取を終えた小沢一郎民主党幹事長は、15日午後10時10分ごろ、黒色のワンボックスカーに乗り込み、ホテルを後にした。集まった報道陣からは一斉にフラッシュがたかれたが、スーツ姿で2列目に座った小沢幹事長は表情を変えず、正面を見据えたままだった。
 小沢氏側関係者によると、聴取は3時間の予定だったが、1時間半オーバーして午後9時半ごろ終了した。1月の聴取と同じ、東京地検特捜部の現場を統括するベテラン検事が担当したという。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

おなかの下から初めまして、ペンギン赤ちゃん(読売新聞)
ワクチン投与後に全頭処分へ…政府方針(読売新聞)
大江氏、幸福実現党に入党 でも幸福の科学へは入信しません(スポーツ報知)
北教組事件、木村被告「独断で資金提供依頼」(読売新聞)
南海高野線で死亡事故 女子高生、反対側ホームに線路横断中(産経新聞)

JAL副操縦士、免許忘れ乗務(産経新聞)

 11日午後の羽田発福岡行きの日本航空325便(乗客乗員140人)で、男性副操縦士(38)が航空法で携帯が義務づけられている免許証などを羽田に置き忘れたまま操縦するトラブルがあった。副操縦士が乗務資格を失ったため、同日午後16時15分に福岡を出発予定だった折り返し便1便が欠航した。

車に女性押し込み現金強奪=監禁10時間、容疑で男ら逮捕−警視庁(時事通信)
民事法情報センター、法人解散を正式決定(読売新聞)
両陛下、学童保育を訪問(時事通信)
東京23区などで震度3(読売新聞)
GM、北米マーケティング担当に北米日産の副社長が就任(レスポンス)

首相、普天間で職を賭す「理解を求める」ことが決着?(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は23日午前の参院本会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「首相として、すべての政策に職を賭す覚悟で臨んでいる。その中に普天間の移設先の問題も当然含まれている」と述べた。

 21日の党首討論では「すべての政策実現のため職を賭して頑張る」と語っており、さらに一歩踏み込んだ形だ。自民党の山本一太参院議員の質問に答えた。

 ただ、一方で首相は、民主党の山下八洲夫参院議員の質問に対して「地元の理解を求めつつ、米国ともすり合わせをして理解を求め、政府として5月末までに具体的な移設先を決定する」と説明した。移設先や米国との間で合意にまで至らなくても、「理解を求める」ことで決着を図りたい意向をにじませた。

 これに関連し、政府は22の閣議で、「移設先となる地元の理解を求めつつ、米国とも調整をして理解を求めた上で、5月末までに政府として具体的な移設先を決定する考えだ」とする答弁書を決定した。

【関連記事】
「鳩山政権は政権の体をなしてない迷走内閣」公明・井上幹事長
事業仕分け第2弾スタート「天下りのあかを完全に洗い流す」と首相
運用理解せず…鳩山首相、普天間迷走も小沢氏“我関せず”
ヘリ部隊分散を念頭か 補佐官「首相は全面的に基地移転とは言ってない」
鳩山首相のすり替えに違和感 「愚か」と「愚直」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<不審死>入所の94歳女性虐待か 体にすり傷 愛知の施設(毎日新聞)
同一略称「日本」も受理、田中康夫氏に答弁書(読売新聞)
増える「夜型」美術館 「仕事帰りに見たい」の声に応え(産経新聞)
「夢あふれる日本」舛添代表で「新党改革」旗揚げ(読売新聞)
また教会に消火器投げ込まれる…神戸で連続2件(読売新聞)

ローソンに3千万円要求の脅迫文 商品にカッター刃と関連か(産経新聞)

 コンビニエンスストア大手「ローソン」(東京都品川区)に3月下旬から4月中旬にかけて、現金3千 万円などを要求する封書3通が届いていたことが20日、捜査関係者ヘの取材で分かった。警視庁捜査1課が恐喝容疑で捜査している。都内のローソン4店舗では3月、商品にカッターナイフの刃が刺さっているのが見つかっており、警視庁は恐喝事件との関連を調べている。

 捜査関係者によると、3月23日、ローソン本社に封書が届き、3千万円を要求する記述があった。さらに4月1日付と同14日付の消印で封書が届いた。2通目に金銭の要求はなく、「用意しないと分かっているだろうな」という趣旨の内容が書かれ、3通目では1千万円を要求。受け渡しの場所や期限に関する記述があり、いずれも同社社長あてで差出人名はなく、手書きだった。

 ローソンをめぐっては、3月12、13日に、中央区、新宿区、港区の計4店舗でパンや菓子にカッターナイフの替え刃が刺さっているのが相次いで見つかった。複数の店舗の防犯カメラに陳列棚の周辺を歩く不審な50代くらいの男が映っていた。男は背広姿などで同一人物とみられ、警視庁は威力業務妨害の疑いで捜査している。

【関連記事】
ローソン子会社 不正経理、元専務を聴取 「仲介会社から9100万円受領」
ローソン、最終利益は大幅減 子会社元役員の不正流用響く
こだわりの食材 ローソンが冷やしめん4種
「アイ・ウォント・マネー!」コンビニ強盗未遂でアメリカ人を再逮捕 
金券ショップに強盗 少年を逮捕
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

ほう助で無職少年を検察官送致=石巻3人殺傷事件−仙台家裁(時事通信)
官房長官、高速上限制度反対は「理解に苦しむ」(産経新聞)
中学での「死亡確率」突出 柔道、頭部ガードの対策必要(産経新聞)
朝鮮学校無償化、脱北者らが適用反対(産経新聞)
高速無料化「距離」巡る答弁で衆院国交委紛糾(読売新聞)

<記者過労死>原告の請求棄却 東京地裁(毎日新聞)

 時事通信社の政治部記者だった森田一樹さん(当時36歳)が糖尿病の急激な悪化で死亡したのは過労のためとして、父一久さん(79)=岡山市=が国に労災認定を求めた訴訟の判決で、東京地裁(渡辺弘裁判長)は15日、「発症に業務起因性はない」として請求を棄却した。

 渡辺裁判長は、死亡前6カ月の時間外労働が月平均約134時間だったことなどから「精神的・身体的に著しく負荷の大きい仕事だった」と指摘した。一方で「糖尿病の急激な悪化とストレスの関係に、確立した医学的知見があるとは言えない」とし、因果関係を否定した。

 森田さんは84年入社。政治部首相官邸記者クラブ担当だった97年6月、腹痛や吐き気などを訴えて入院し、2日後に亡くなった。一久さんは99年に労災認定を申請したが却下された。

 判決後に会見した一久さんは「無念、残念でたまらない」と話した。【和田武士】

 ▽時事通信社社長室の話 国の処分を巡る判断でコメントは差し控える。社員の健康管理に十分気を配るよう努める。

【関連ニュース】
公務災害:教諭自殺の背景 生徒の暴力認定 大阪地裁
公務災害認定訴訟:「生徒暴力で教師自殺」認定−−大阪地裁判決
公設派遣村:24歳男性、定時制入学 「最悪の人生変える」
働くナビ:働くことと自殺の関連性が、改めてクローズアップされています。
働くナビ:労働相談の受け手向けに、マニュアルができました。

<朝倉市長選>前県議の森田氏が初当選 福岡(毎日新聞)
天皇、皇后両陛下 宝塚歌劇を鑑賞(毎日新聞)
<地震>新潟・胎内市で震度4=午後4時38分(毎日新聞)
<日仏首脳会談>EUとの経済連携協定、共同研究を提案(毎日新聞)
<郵便不正公判>村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)

駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑−東京高裁(時事通信)

 東京都八王子市の京王八王子駅ビルで2008年、アルバイト店員ら女性2人が刃物で殺傷された事件で、殺人などの罪に問われた元会社員菅野昭一被告(35)の控訴審判決が14日、東京高裁であった。植村立郎裁判長は「被告の精神遅滞は強く、酌むべき事情に当たる」として、無期懲役とした一審東京地裁立川支部判決を破棄し、懲役30年を言い渡した。
 植村裁判長は一審と同様、被告の完全責任能力を認定。その上で「当初から無差別大量殺人を計画していたとは認められず、被告の精神遅滞を考慮すると、一審判決は重過ぎる」と、減刑理由を述べた。
 判決によると、菅野被告は08年7月22日夜、同駅ビル9階の書店で、アルバイト店員斉木愛さん=当時(22)=の胸を洋出刃包丁で刺し殺害、20代の女性客の腹なども刺し重傷を負わせた。 

【関連ニュース】
ナイフで突然女性襲う=殺人未遂容疑で27歳女逮捕
職質警官刺され重軽傷=男が逃走
両腕遺体は女性会社員=競艇場に流れ着く?
刃物強盗、男2人を逮捕=薬局に押し入り70万円奪う
酒店主強殺で無職男に無期懲役=「殺意に基づき計画的」

築地市場の現在地再整備を検討、都が新組織(読売新聞)
石原都知事、参院選への出馬「あり得ない」 定例記者会見で(産経新聞)
街頭犯罪の発生件数で大阪がワースト1を暫定返上(産経新聞)
西部ガス狙い連続発砲か=幹部親族宅にも弾痕、けが人なし−福岡(時事通信)
一部が殺害ほのめかす=一家3人遺体事件−長野県警(時事通信)

弟を助けようと…10歳水死=佐賀(時事通信)

 5日午後4時50分ごろ、佐賀県唐津市東大島町の唐津東港フェリー発着所付近で、護岸から海中に転落した弟(5)を助けようと飛び込んだ同市八幡町の小学生有村明輝人君(10)がおぼれた。有村君は救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。同市消防本部によると、弟は意識がもうろうとした状態という。 

<JR山手線>大塚駅で人身事故 約4万8000人に影響(毎日新聞)
<桜開花予想>寒暖差大きく、担当者泣かせ…参入民間3機関(毎日新聞)
小沢氏元秘書、高橋嘉信・元議員が引退意向(読売新聞)
高松高裁も「違憲状態」 衆院選1票の格差訴訟(産経新聞)
<中国政府>日本人3人死刑執行通告 外相、駐日大使に懸念(毎日新聞)

<将棋問題>第1302回 問題(毎日新聞)

<第1問>

A[先]6二角成

B[先]6六角

C[先]9一竜

<第2問>

A[先]7五歩

B[先]7五桂

C[先]8二金

第1問、第2問ともA〜Cの符号で記してください。

<豪華客船>サン・プリンセスを報道陣に公開(毎日新聞)
線路脇に転落、男性作業員死亡=電車の架線で感電か−東京・港(時事通信)
比例候補、一定割合女性に=共同参画計画で言及検討−政府(時事通信)
複数擁立に不満=民主・福山氏(時事通信)
雑記帳 手すき和紙のウエディングドレス 秋田・横手(毎日新聞)

<掘り出しニュース>チャペルは地上110メートルの空中に(毎日新聞)

 【宮城】8月1日に開業予定のウェスティンホテル仙台(仙台市青葉区)は26日、建設中のチャペルを報道関係者に公開した。開業初日に挙式予定のカップルも見学に訪れ、地上110メートルに位置するチャペルに「想像よりもきれいで、感動している」と声を弾ませた。

 チャペルは4月末完工予定の複合ビル「仙台トラストタワー」の25階。西側はガラス張りで仙台の街並みと蔵王連峰の景色が広がる。広さ120平方メートル、高さ7・5メートルの空間は白大理石に囲われ、今後は照明や90席分のベンチを設置する。

 ウェスティンホテル仙台は今年1月、オープン初日にチャペルで挙式するカップルを募集。応募5組の中から仙台市若林区の会社員、中川竜一さん(32)と佐藤智美さん(33)が選ばれた。

 この日、2人はウェイリアム・J・ピトン総支配人の案内でチャペルを見学。中川さんはホテル建設地にあった東北学院中学に通学しており、思い出の地での挙式に「最高です」と笑顔で語った。

 挙式などの問い合わせはウェスティンホテル仙台ウェディングサロン(022・722・1177)。【須藤唯哉】

足利事件再審で菅家さんに無罪判決…宇都宮地裁(読売新聞)
<強制わいせつ致傷>容疑で小学校教諭逮捕 愛知(毎日新聞)
普天間政府案、首相は月内一本化こだわらず(読売新聞)
<平野官房長官>機密費使途公開「国益にプラスなのか」(毎日新聞)
阿久根市職労が市役所から退去=使用許可めぐり、提訴の方針(時事通信)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
アフィリエイト ホームページ
2ショットチャット
現金化
無料ホームページ
債務整理・自己破産
カードでお金
パチンコ攻略
selected entries
archives
recent comment
  • <強盗強姦>裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁(毎日新聞)
    リンデル (01/17)
  • <強盗強姦>裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁(毎日新聞)
    桃医 (01/11)
  • <強盗強姦>裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁(毎日新聞)
    サキューン (12/29)
  • <強盗強姦>裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁(毎日新聞)
    ナーマソフト (12/25)
  • <強盗強姦>裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁(毎日新聞)
    晶太郎 (12/20)
  • <強盗強姦>裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁(毎日新聞)
    ヘッド (12/06)
  • <強盗強姦>裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁(毎日新聞)
    ちんたまん (12/02)
  • <強盗強姦>裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁(毎日新聞)
    さもはん (11/24)
  • <強盗強姦>裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁(毎日新聞)
    XXまるおXX (11/21)
  • <強盗強姦>裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁(毎日新聞)
    すぷらっしゅ (11/15)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM